新しい方法にも対応 | 気軽に受けられる二重整形|口コミはとても信憑性の高い情報
女性

気軽に受けられる二重整形|口コミはとても信憑性の高い情報

新しい方法にも対応

目

メスが必要ない

埋没法による治療は、二重のまぶたにするために方法として人気です。その理由は、メスを使わないこと、そして、治療の料金が比較的安いことが挙げられます。埋没法による治療で用いられるものは、医療用の特殊な糸です。特殊な糸で二重のまぶたになるように縫い合わせて形作ります。治療後も、糸が溶け込むのでばれる心配がありません。しかし、治療を行うときには、できるだけ実績があるクリニックに行ったほうがよいでしょう。なぜなら、医療用の特殊な糸とはいえ、技術があまり高くない医師だと数年ほどで糸が切れてしまうことがあるからです。糸が切れると一重のまぶたに戻ってしまうというデメリットがあります。糸自体に害はありませんが、二重のまぶたにするには再度治療が必要になってしまうのです。

別のメリットがある

埋没法についてさらに詳しく紹介します。埋没法は、医療用の特殊な糸で縫い合わせることで、二重のまぶたにします。そして、できるだけ実績がある医師に治療してもらうと良いです。埋没法の特性として、メスを使わないので、傷が残るというリスクは低いと言えます。しかし、メスで二重のまぶたを形作ることに比べると、一重のまぶたに戻ってしまう可能性があることは事実です。しかし、治療をする医師によって、効果の時間が違ってきます。早いと数年ほどで、長いと10年以上維持することができます。料金は、メスを使った方法は10万円以上であることが多いですが、埋没法は数万円ほどです。また、埋没法の場合、医療用の糸を抜くことで、元の一重のまぶたに戻すことができます。元に戻せるメリットとして、新しい治療法が出てきたときに、そちらの治療法を試すことができることです。